PRENGOとは?

PRENGOは2003年4月、児童の教育支援をおこなう国際NGOとして、立命館アジア太平洋大学に創設された学生団体である。

PRENGOの名称はPRE(超えた)・NGO(非政府組織)を意味し、学生団体として、NGOの枠組みを超えた活動に取り組む意志のもとに名づけられた。

PRENGOは、この「アジア太平洋地域の発展および相互協力」を展望する際に捉えるべき諸問題の解決には、児童への教育の機会創出およびその環境向上が重要な要素であるという認識に立つ。

創設者:若林泰宏

若林さんがPRENGOを立ち上げたきっかけは、APU入学前。高校1年生の時のタイへの修学旅行でした。修学旅行でタイの現状を目の当たりにして、その不安定な経済状況を知り、この状況を脱却する方法はないのかと感じたそうです。その後APUへ入学し、大分県庁に研修に来ていたタイの行政機関の職員と知り合い、ラヨーン県を紹介されたといいます。若林さんもまた、社会人になった今でも、時間をつくって現在のPRENGOのメンバーと一緒にタイのラヨーン県へ行き、支援活動を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>