スリン県コーガプー村(5日目)

こんばんわ!
今日でスリン県での活動もちょうど半分が終わりました。
メンバーも皆、半年間考えてきた活動企画やプロジェクトを成功させるために日々のミーティングにも熱が入っています。
今日の主な活動内容は、PRENGOが活動していく地域を知るための村周りでした。村周りの最中には地域住民が気軽に話かけてくれたり、村を案内してくれたりしました。村周りを繰り返す内に、地域住民の方々の心遣いに感謝をすることが多く、今後もこのコーガプ村で活動をしていきたいと思う瞬間も多くあります。
午後は引き続き、村周りの班と明日8月31日に行う、現地の協力者とのミーティング会の準備をする班に分かれて活動をしました。午後の村周りでは、村にある王室の私有地の周辺の宿を見に行きました。私有地の中には入れなかったですが、周辺は散策することができました。タイでは王様が慕われているため、タイの至るところに王様に関係する写真、旗、私有地などがあるそうです。
村周りでは、小さな発見が多く、毎日休憩などを利用して村周りを日課としていきたいと思います。
残り半分の渡航も体調管理には気をつけて、活動を行っていきたいと思います。
それでは、またあしたおやすみなさい!!
(文責:菅原)

Mahad六日目、そして七日目

สวัสดี ค่ะ(Sawadee ka)
こんばんは!!
昨晩は、村の小学校の先生やOTOPメンバーであるウィッチェンさんの家庭にホームステイをさせていただきました。更新が滞ってしまい申し訳ございませんでした。2日分の内容を更新させて頂きます。
昨日の日中は、里親プロジェクトで「Mahadアプローチの会」を実施しました。「Mahadアプローチの会」とは、里子にMahad地域に対する問題意識を持ち、それに応じた行動してもらうことを目的とした活動になります。そこで今回は、里子が隣村のパヨーン村に実際に赴き、その土地をよく知る小学生ガイドと共に村を回りました。そして、自分たちの村と他の村の良い点、悪い点を模造紙に書き出してもらい、各々の解決策を導き出してもらうという活動を実施しました。里子たちによって自分たちの目で他の村を比較する過程を踏んだことは良い刺激になったに違いないと思います。
今日は、日曜日ということで活動がなかったため、タイで有名な観光地であるパタヤの近くに行ってきました。活動の時とそうでない時の気持ちを切り替えて、存分に楽しみました。
また、明日から活動が始まりますが気持ちを切り替えて、暑さにも負けず活動に尽力していきたいと思います。
それでは、สวัสดี ค่ะ(Sawadee ka)
文責:鷺山

スリン県コーガプー村 4日目

今日でスリンでの活動も4日目を終えました。
メンバーも疲れが見え始める頃ですが、みんな気合いを入れて笑顔で頑張っています!!

今日の活動としては、午前中にGreen Market の視察に行ってきました。Green Marketでは、Surin県内の有機農業で栽培された野菜や食べ物、オーガニックの薬が販売されていました。
近年、日本でも流行しているオーガニックの商品ですが、タイでも重要視されている様子が伺えます。これからPRENGOとして需要のある有機農業に関わる支援を行うことも大切なのではないのかと考えさせられました。

また、そういった販売商品の他に、無料で本を提供しているボランティア団体の方々もいらっしゃいました。その方々にインタビューし、今後の活動に活かせる情報を聞くことができました。

そして、午後は村周りを行いました!1回生のメンバーは新鮮な目で村を観察しながら発見したことをメモしたりしながら、村の様子を記録していました。2回生以上のメンバーは、忘れてしまっている村の情報を確認しあったり、前渡航では得られなかった情報を新たに収集したりとても有意義な時間となりました!また、村を周っている最中に、挨拶をしてくださったり、話しかけて下さる村の方々の暖かさを感じる村周りでした!

(文責:木下)

スリン県コーガプー村 3日目

今日でスリンでの活動は3日目を迎えました。
まだ、3日目とは思えないくらい内容の多い1日でした。
朝からコーガプー小学校にて朝礼に参加をしました。
今渡航で初めてのスリン県での小学校訪問でした。マハッド小学校の児童にも負けないくらいの
明るさと元気にPRENGOメンバーも元気をもらいました。
それから、夕方には地域住民との最初の活動であるプロジェクト紹介のためミーティングをしました。
プロジェクト会を有意義なものにしようとメンバーそれぞれが念入りにリハーサルもしました。
プロジェクト会には、スリン県ムアンスリン郡コミュニティー開発事務所長のパニドンさんの協力もあり、予想を遥かに超える村の方々が参加しました。
結果として、多くの意見を集めることが出来ました。
一方で、反省をする点や改良点も見つかり、とても良いプロジェクト会になりました。
これからは今回の反省点を生かし、より良いプロジェクトを作っていきたいと思います。
明日からは村周りが始まるので水分をしっかりとり、体調管理には気をつけたいと思います。
それではおやすみなさい!

文責:菅原

Mahad五日目

สวัสดี ค่ะ(Sawadee ka)

こんばんは!!

今日は朝早くに雨が降っていましたが日中は湿気が多かったものの過ごしやすい日だったと思います。

今日は主に、里親プロジェクトの活動である「里子の会」を実施しました。「里子の会」は、里子同士やPRENGOと里子間の関係強化のために毎渡航行なっている活動になります。最初に、現里子の奨学金授与式を行い、Mahad小学校の卒業生であるギャム先生に奨学金の大切さというのを里子に伝えて頂きました。ギャム先生は、Mahad小学校を卒業し、奨学金を受けず、日々の貯蓄に頼って大学をも卒業したとのことです。身近に、このようにモデルとなる人がいることは彼らにとって非常に良い刺激になったに違いないと思います。

またその後は、元里子の子どもたちも混じって、ギンビンバー(日本でいう障害物競争)や重箱コンテストといった楽しいアクティビティも行い多いに盛り上がったと思います。それだけでなく、日本にいる里親の方々への手紙を書いている時も里子たちはひたむきな姿勢で手紙と向き合っているのが見受けられ非常に印象的でした。

明日は、今日に引き続き里親プロジェクトが主体となってMahadアプローチの会という活動を実施するため、気を引き締めていきたいです。

それでは、สวัสดี ค่ะ(Sawadee ka)

文責:鷺山

 

Mahad 四日目

Mahad 四日目

こんにちは。
Mahadでの活動も4日目、雨が降ったり降らなかったりと不安定な天候が続きますが、PRENGOは元気に頑張っています。

今日はMahad地域にあるヘルスクリニックという、日本でいう地域の診療所のようなところに行き、Mahad地域に住む方々の健康状態について確認してきました。一部中高生にドラッグ問題などはあるようですが、Mahad小学校に通う児童たちの健康状態は比較的健康であるようです。

 

また夜には、PRENGOのMahad地域での活動に協力してくださっているブンタム教諭と食事をし、新入生のメンバーも交流することが出来ました。今後ともこの暖かい関係をしっかりと続け、Mahad地域の悔いのない撤退ができるよう頑張りたいです。

雨季ということもあり、あまり天気はよくありませんが、暑さと天気の悪さに負けず、活動を頑張ります。
文責:武田

スリン県コーガプー村 2日目

Swadee ka! こんばんは!
今日は一日中曇っていて、とても過ごしやすい日でした!

活動としては、午前から午後にかけて県コミュニティ開発局と群コミュニティ開発事務所に訪問しました。それぞれの所長さんからスリン県の紹介を受けたあと、PRENGOからの質問に丁寧に答えて下さいました。

どのような資源があるのか、どのような開発が現在進んでいるのか、PRENGOができることとしてどのようなものがあるかなど様々なアドバイスを頂くことができました。今後プロジェクト作成を行っていく上で重要な情報となっていくでしょう!

そして、教育班はコーガプー小学校の校長先生に挨拶に行きました!PRENGOメンバーのことを、先生方や子供たちが覚えていてくれたことがとても嬉しかったです!これから小学校でも活動が始まっていくので、とても楽しみです!

文責:木下

Mahad 三日目!

สวัสดี ค่ะ(Sawadee ka)

こんばんは!!

今朝、PRENGOのスリン県で活動する支援隊がラヨーン県を出発し、夕方頃に無事スリン県に到着したそうです。また、数日後に、Mahad地域で活動する我々がスリン県で合流します。それまで、各々のプロジェクトの活動に従事していきたいと思います。

そこで、今日は里親プロジェクトでは、午前から午後まで里子の家庭訪問を行ないました。特に今回初めて里子の家庭訪問に同行したメンバーは、この家庭訪問を通して、奨学金を受ける里子のことだけでなく、本活動を行なっているPRENGOのことまで考えているその姿勢に感銘を受けました。

また、OTOPプロジェクトでは現地OTOPメンバーであるメイキャンと共にOTOPが行なってきた活動の評価をするために事前に準備した質問項目を用いてインタビューを実施しました。そこで、PRENGOと10年来関わってきたメイキャンのひたむきな姿勢を見て、私たちPRENGOも活動にしっかり応えていかなければならないと感じました。

今後とも体調管理を徹底して活動を頑張っていきたいと思います。

それでは、สวัสดี ค่ะ(Sawadee ka)

文責:鷺山


スリン県コーガプー村 1日目

今日、Mahad地域から約7時間かけてスリン県の宿泊先に無事に到着しました。
タイの東北地方に位置するスリン県へのバンでの移動中には、日本の田舎のような田んぼもありましたが、日本とはまた違った景色でした。スリン県はMahad 地域とは異なり、田んぼや牛などが多い農業地域であるということを改めて実感しました。長い移動時間にはPRENGOメンバーはバンの中で、渡航で行う活動のマニュアルや報告書等を念入りに読み込んでる姿も見受けられました。
明日からはいよいよスリン県での活動が本格的に始まります。PRENGOメンバー一同全体会ミーティングにも気合が入っています。
明日からも頑張っていきたいと思います。
文責:菅原

Mahad地域 二日目

Sawadee Krap!!

今日も部署ごとに様々な活動を行うことができました。
その中でも、午前中には、ゴミが不法投棄されてしている場所へ向かいました。そのゴミを拾い生計を立て生活している人や、そこに住んでいる人と直接話す機会もあり、現役メンバーもたくさんのことを感じることができました。タイにある問題を直接目で見ることができたのは、今後ボランティア活動を行っていくにあたって非常に有意義な時間でした。

午後には、里親の家庭訪問に同行することができました。半年ぶりに見る里子が元気そうでPRENGOメンバーも元気をもらうことができました!学校の状況や勉強についていけてるかなど里子の情報把握をしました。状況が大きく変わっている里子の勉強に対する意欲や不安なども親身に聞く姿に真剣さが伝わってきました。そういった繋がりを大切にする部署だと再確認することができました。

明日からの活動も頑張って気を引き締めていきたいと思います。

文責:木下