立命館慶祥高等学校訪問

こんにちは。

先日7月3日(金)に、PRENGOは北海道江別市にある立命館慶祥高等学校に訪問しました。立命館内部進学生向けのアジア学の授業にお邪魔させていただき、メンバーによるAPU紹介と「開発とは何か」をグループワークで考えてもらい、その後PRENGOがどの様な開発を行っているのかのプレゼンテーションを行いました。

まずPRENGOがどういった大学のサークルなのかということで、PRENGOのタイ人メンバーによる日英両言語でのAPUのプレゼンテーションを行い、内部進学生でAPU目指す生徒からも「どうしてAPUに」など積極的な質問もありました。

次に行った「開発とは何か」というグループワークでは、PRENGOが活動を行っているMahad地域の概要を読んでもらい、生徒たちにどういった開発が出来るのかを考えてもらいました。普段のアジア学で学んでいる知識を活かして、PRENGOメンバーのサポートもあまりすることなく、様々なプロジェクトのアイデアがでました。

その後、実際にMahad地域でPRENGOがどういったことを行っているのかのプレゼンテーションを行い、最後は集合写真を撮り、解散しました。

OGがPRENGOに在籍していることもあり、明るい雰囲気で授業を行うこともできました。私たちも高校生の新鮮なアイデアや積極的な発言から学ばせてもらうことも多くあり、とても良い機会となりました。今後もこうした学校訪問や高校生へのワークショップ、プレゼンテーションは継続していきたいと思います。

 

文責:武田(9期)