8月30日 渡航9日目 ~夢プロジェクト~

いつもブログを見ていただきありがとうございます。
今日はMahad小学校の4年生の児童を対象に「好きなことを見つけ、将来につなげる」ということを目的に活動を行いました。
実際の活動内容としては、タイで有名なバレーボール選手プルームジットさんの人生を割り箸劇で行いました。その後には児童自身に夢や目標を考えてもらうワークを実施しました。
児童たちにはプルームジットさんのストーリーを通して、自分の好きなことに本気で打ち込むことで将来につながる、努力の大切さなどを実感して欲しいという目的でした。
ここで簡単に割り箸劇のストーリーを紹介したいと思います。プルームジットさんは14歳でバレーボールを始め、バレーボールにのめり込みます。高校でも本格的にバレーがしたいと思いますが、家庭の経済的に高校進学は厳しい状況でした。しかし、努力し奨学金を得ることで、高校進学をし、本格的にバレーボールを開始しました。そしてその後の継続と努力でタイの代表選手へと選出をされました。
同じタイ出身ということや有名な選手であるということから、割り箸劇の最中、児童は真剣に時には笑顔をのぞかせながら劇に見入っていました。
劇を踏まえて行ったワークでは、好きなことは何か、これからの目標、頑張りたいことなどをワークシートへの記入を行いました。
児童は自らスムーズに記入を進められる児童と、なかなか手の進まない児童と別れていましたが、最終的には全員が記入することが出来ました。
その後のワークシートの内容の発表の場では、恥ずかしそうにしながらもしっかりと自分の夢や目標を発表する姿はとても頼もしかったです。
それぞれの児童が発表をしてくれた夢や目標がいつの日か達成されることがとても楽しみです。
またその達成に向けてPRENGOとして貢献出来るよう、渡航も残り半分をきりましたが、頑張って行きたいと思います。

投稿者;村山

※写真は後日、アップします。

8月30日 新支援5日目~小学校訪問~

みなさん、こんばんは。
今日は、シンブリー県のEducation Officeを訪れました。
Education Officeでは、シンブリー県にある小学校3校を紹介していただきました。
P1060279
<Education Office>
どの学校も、AIDSやドラッグについてなどそれぞれ問題を抱えていましたが、その問題に対して地域で積極的に取り組んでいるところもあれば、地域住民で連携がとれず、問題を抱え続けているところもありました。
そのようなところで地域の連帯性や、住民の子供の教育に対しての意識の高さがどう学校に影響を与えるかなどの一例を見ることができました。
日本と同じように、家庭訪問をしていたり、逆に日本では参観懇談など定期的にあったものがタイではなかったりと、タイと日本の教育の違いを発見することもできました。先生は、休みの日にも関わらず、毎週土曜日補講を開いて児童に勉強を教えることで、ほとんどの児童の学力が伸びているということも話してくれました。
また、補講の参加率は90%以上とのことでした。先生の勉強を子供たちに教えたいという気持ちと、子供たちの勉強したいという気持ちが伝わってきました。
P1060288
<1校目の小学校にて>
明日は、アントーン県に移動した後、小学校2校を訪れる予定です。
移動が多く、みんな疲れが出てくる頃だとは思いますが、協力してロッブリー県やシンブリー県の小学校の校風や、Mahad小学校との違いをしっかりと調査していきたいと思います。

投稿者:三井

8月29日渡航8日目~スペシャルレクチャー~

今日はスペシャルレクチャーの実施日です。
児童の勉学意欲を促進させる、それがスペシャルレクチャーです!
今回は英語と理科の実験を行いました。
英語では、恥ずかしがることなく何度もフレーズを口に出してもらいたく、
買い物ゲームというアクティビティを通して、
英語への抵抗をなくすことを目的として行いました。
DSC01282
児童たちは恥ずかしがるどころか
意外なほど積極的に英語を使ってくれました。
ゲームを通して、英語を使う喜びを感じてもらえたようです!
ろ過の実験では、バナナの葉や炭など様々な材料を用意して、
どういった組み合わせが上手くろ過できるか試してもらい、
なぜその組み合わせが上手くろ過できるのか児童に考察してもらいました。
DSC01302 - コピー
考察は児童たちにとって難しかったようでしたが、
その分、児童同士での活発な議論が生まれたり
先生が生徒の輪に入って、一緒になって考え合う姿が見られました。
P8290188
こういった相互のコミュニケーションが生まれたことは、思わぬ効果でした。
ただ知識を得るだけでなく、全体で「なぜ」を考えることで、
知的好奇心が養われていくのではないでしょうか。
知的好奇心は勉学の最高のエネルギー源だと思います。
今回のスペシャルレクチャーは、それを生み出すことができました。
これをさらに日々の勉学につながるように工夫していきます。

担当:黒沢

8月29日 新支援4日目~小学校訪問~

みなさん、こんばんは。
新支援4日目を迎えました!
10人全員体調を崩すことなく活動しています!
今日は、3校の学校を訪れましたが、2校目の学校が特に印象的だったので、焦点をあてて報告したいと思います。
P1060124
ここの小学校はタイの大洪水から1年が経った今でも、洪水の被害が残っていました。
校舎は流され、図書館の本もほどんど使い物にならなくなっていて、4~6年生は、外で授業を受けていました。
しかし、児童は暑い中、外での授業をとても熱心に受けていました。
P1060128
洪水の後、政府からは20万バーツが支給されたみたいですが、それでも校舎が建設途中のままで、先生方も「お金に困っている」と話してくれました。
しかし、児童を中心に畑で野菜を栽培していたり、地域の人たちが野菜を寄付してくれたりと、地域住民が協力して生活している様子がうかがえました。
ほんの1時間程度の訪問でしたが、とても濃い時間を過ごすことができました。
夕方、学校訪問を終えた後、シンブリーの特徴を知るために、Wat Phra Non Jaksi という場所に行ってきました。
47mもの大きな大仏を、初めて見ました。歴史の深さを知ることが出来た気がします。
DSC_0063
投稿者:三井春香

8月28日渡航7日目~村回りでの出会い~

みなさん、こんばんは!
現地での活動も6日目を迎え、折り返し地点が見えてきました。
本日は村回りで、Mahad小学校周辺の村にあるヘルスセンター(診療所)を訪れ、Mahad小学校に通う子供達や現地の住民、PRENGOが支援をしている里子達の健康状態について詳しくお話を聞くことができました。
ヘルスセンターのティッダーさんは、現地の現状、問題点を真剣に話してくださり、ヘルスセンターにも薬が足りていない問題に対して、どうしても必要な薬は自腹で買い足しているとおっしゃっていました。
私達の活動理念である、現地住民が主体的に問題点を解決するために活動している姿勢を見ることができました。

IMG_5316
ピートーさんが熱心に話す様子

また、今日は教育部で3年生・5年生に対して夢プロジェクトを実施しました。
どちらの学年にも、「職業の多様性」を知ってもらうために職業紹介を映像やクイズを交えながら行いました。

IMGP6087
IMGP6132
<5年生の夢プロジェクトの様子>

児童は真剣にPRENGOメンバーの話を聞きながらクイズには積極的に手を上げるなど。有意義な時間となりました。
暑い日々が続いていますが、残りがほぼ半分となった活動時間の一瞬一瞬を大切に、頑張って行きたいと思います。

投稿者:武田、村山

8月28日渡航6日目~BKW訪問~

いつもブログを見ていただきありがとうございます。
今回は、里子が通うBKWという中高一貫校へ行きました。
現在の里子の様子を伺うと同時に、
里親奨学金が適切に管理されているか確認に行ってきました。
里親奨学金の管理をしていただいているダルーン先生から、
「里子はよく頑張っていて、普段の態度も良いですよ。」
と聞いたときは、ほっと一安心しました。
DSC01156
里子たちとの会話の際には、夢を語ってくれた児童がいました。
テンという女の子はナースに、ムックという女の子は経営者になりたいそうです。
中には、「勉強はしたいけれど、兄弟がいて大学に行くお金はあまりない。
進学しないで、そのまま働きます。」と話してくれた子もいました。
DSC01164
実際に里子たち一人一人の表情を見ると、
そこにはあどけなさだけでなく、
責任感ある大人の姿を垣間見ることができました。

担当:黒沢

8月28日 新支援3日目~小学校訪問・シンブリー到着~

みなさん、こんばんは。
今日は、昨日役所で紹介していただいた4校の小学校のうちの残りの2校を訪れました。
最初に訪れた小学校では、対応してくださった先生が、昨日訪れた小学校の先生よりも笑顔があまり見られず、進んで話してくれてるようには感じませんした。しかしそれは、先生方が外部慣れしていないからであり、最後の方はよく話してくれていました。
P1050752
最初の小学校でのミーティングの様子
午後に訪れた小学校では、対応してくださった先生が初めて1人だけでした。今まで訪れた学校では、2~3人の先生方が対応してくださったので、ここの小学校教員が足りていないように見受けられました。
P1050954
午後に訪れた小学校
どちらの小学校も、先生と生徒の関係が良く、楽しそうに会話をしている様子も伺えました。
先生方は、ASEANを重要視しており、そのためこれから英語の授業に力を入れたいともおっしゃっていました。校舎の中にも、ASEANの国旗や地図などがたくさん置いてあり、ASEANを重要視する姿勢も見られました。
また、子供たちに夢について聞いたところ、ほとんどの子供たちが自分の夢を堂々と発表してくれました。
子供たちは、勉強に熱心だと先生もおっしゃっていたので、夢に向かって勉強を頑張っているのではないかと思いました。
夕方、シンブリー県に10人全員無事に到着しました。
明日は、タイ人のメンバーのコネクションがあったため、そこの小学校を訪問する予定です。

投稿者:三井春香

8月27日渡航五日目 ~ホームステイ~

みなさん、こんばんは!
昨夜はメイキャンの妹の家で、現地メンバーと夕食をいただきました。
そこで、私たちを歓迎するために施された装飾を見ました。
私たちが今渡航を楽しめるようにと、昼間のうちにお坊さんを招き、お祈りをしていただいたとのことでした。
その後、3つのグループに分かれて、それぞれ現地メンバーの家にホームステイをしました。
私はブンタム先生の家に泊まらせていただきました。
私たちが泊まった小屋の壁に、かつてその小屋に泊まったPRENGOの先輩方の名前が書かれているのを見つけました。
PRENGOとブンタム先生との親交の深さを感じる出来事でした。
PRENGOが活動していく上で、現地メンバーとの関係は絶対に良いものでなければなりません。
彼らへの感謝の気持ちを忘れてはいけません。
今後も、現地メンバーとの関係をより良いものにできるように努めます!
昨夜は私たちと現地メンバーとの絆を感じることができる夜でした。

IMG_0052
夕食会の様子
投稿者:中野

8月27日新支援2日目 ~役所・小学校訪問~

みなさん、こんばんは。
今日は、午前中から市場へ行き、Mahadとの値段の違いを調査してきました。
そこでは、バンチャン市場に比べて、若干安いことが分かりました。
また、袋詰めにされているものもあり、Mahadよりも衛生面が良い印象を受けました。
その後、役所を訪れ、O‐NETなどのデータをいただきました。
役所の方々は、私たちPRENGOを歓迎してくれている様子でした。
また、丁寧に対応してくださり、そこでいくつかの小学校を紹介していただきました。
その中で、午後からはそのうちの2校を訪問しました。
最初に訪れた学校は、140人ほどの生徒数で、Mahad小学校と同じくらいでしたが、Mahad小学校よりも活気にあふれているように感じました。もう片方の学校は、2000人の生徒数で、非常に多く驚きました。
学校自体もとても広く、理科室や図書館などの設備はしっかり揃っていました。した。一見、パソコンなどの設備はしっかり揃っているようでしたが、生徒たちの家庭環境には、様々な問題があるようです。
明日は田舎の方の小学校を訪れる予定です。
今日訪問した小学校、また、Mahad小学校と比較しながら引き続き調査をすすめていきます!
P1050587
<役所訪問の様子>
P1050525
<小学校訪問の様子>

投稿者:三井

8月26日 新支援1日目~ロッブリー到着~

みなさん、こんばんは。
今日から新支援プロジェクトがスタートしました。
現在、Mahad地域が撤退に向かっていて、かつPRENGOに余力があるため、今渡航でロッブリー県、アントーン県、シンブリー県で、新支援地域を探すことになりました。
今日は、午後3時頃Mahadのホテルを出発し、9時前にタイ人メンバー2人含め10人全員が無事にロッブリーのホテルに到着しました。
長時間のバン移動の後でしたが、みんな疲れた様子を見せず、緊張感を持ちつつもそれぞれがしっかりと意見を出し合ってミーティングしていました。
明日は朝から市場へ行ってMahadとの物価の違いや、町や人の雰囲気を調査していこうと思います。
今渡航では、役所訪問、市街地調査、教育省調査そしてNGO訪問を行う予定です!
確実なデータや村の様子を正確に伝えられるよう、努めていきます。

投稿者:三井
P1050422