渡航10日目~高校訪問~

皆さん、こんばんは!
今日はバンコク郊外にあるサーイパンヤー高校というところでAPU、PRENGOについてのプレゼンテーションを行いました。
日本語のクラスがあるなど、生徒たちも日本の大学についてとても興味を持って、メモを取るなど熱心に聞いていました。
現役PRENGOメンバーの出身校でもあり、プレゼンテーションを聞いた生徒の中にはすでに出願届けを出した生徒もいました。
今後もこのようにPRENGOメンバーの出身校にてプレゼンテーションを行い、他校でのプレゼンテーションも検討して、日本での大学生活だからこそできることをタイ人メンバーと一緒に伝えていきたいです。
今日はMahadでの活動が最終日となりました。
活動報告は後日となります。申し訳ございません。
明日(22日)に帰国し、明後日(23日)に福岡に到着します。
全員が無事に帰ることができるよう、最後まで気を緩めずにいきます。
投稿者:武田

渡航9日目 OTOPメンバーとの食事会

みなさんサワディーカップ!
今日は渡航9日目!渡航も残り2日!
各プロジェクトやり残しのないよう追い込みに入っています。
今日は現地でタイパンツ製作メンバーとの食事会を行いました。
メンバーは学校の給食のおばちゃん2人と里子家庭の2人で構成されています。食事会ではPRENGOメンバーがお好み焼きを、現地メンバーがタイ風すき焼きを作り一緒においしくいただきました。メンバーの皆さんはとても気さくで食事会はとても良い雰囲気で行われました。
食事会の後はミーテイングが行われました。ミーティングではワンピースのデザイン、タグのデザインの確認が行われ、製作メンバーとPRENGOは食事会の雰囲気とはうって変わって真剣な話し合いがおこなわれていました。
今回の渡航では、始めてタイに来た渡航メンバーもおり、現地メンバーと食卓を共に囲むことによってお互いを知ることができ、さらにより良い物を創っていこうと思えるような有意義な食事会となりました!!
投稿者 中筋

渡航8日目~ホームステイ、現地交流会~

皆さん、こんばんは!
昨日の意見交換会の後、PRENGOに協力してくださっている現地住民の5家庭に別れてホームステイをしました。ホームステイの目的は、現地住民の生活を知りこれからの活動に活かす、PRENGOと長い付き合いのある家庭なのでより親睦を深めることです。
現地住民の中でも裕福な家庭へ行き、比較的に快適に過ごすことが出来ましたが、周りにはお店一つなく、水のシャワーや夜中に犬の遠吠えや大量の虫など、私たちの普段の生活や日中の活動では見ることのできない一面を見ることが出来ました。そして、村中に裕福でない家庭もあり、同じような家庭の過ごし方でも、より悪い環境下で暮らしている子供やその家族が多くいることが身を持って感じました。
そして今日、現地交流会をお寺で行いました。
今回は意見交換会を前日の夜に行ったので、交流を中心としたアクティビティをし、子供達とより一層仲良くなれました。昼食ではMahad小学校で給食を作っている方がタイ風ラーメンとデザート、私たちPRENGOは手巻き寿司を振るまい、楽しい雰囲気で交流することができました。
明日を含めて、活動期間は残り1日半となりました。
少しでも時間を無駄にしないよう、これからの活動も頑張っていきます。
投稿者;武田

渡航7日目 2月18日

みなさんサワディーカップ!
今日は本日行った意見交換会について書きたいと思います。
意見交換会の目的は、主に2つあります。
1,現地の方々と夕食を一緒に食べて交流を図り、仲良くなる事。
2,インタビューやアンケートによってPRENGOが活動していく上で有益な情報を収集する事。
PRENGOが活動していく上で現地の人達と仲良くなる事はとても重要なことなんです!
前回までは現地交流会のアクティビティの一つだったのですが、今回はもっと幅広い住民の意見を聞きたい!輪を広げよう!ということで、意見交換会を初めて大人が来やすい夜に行いました。現地住民の方10人くらいとその子供がきてくれ、PRENGOメンバーとカレーを一緒に食べ、簡単なインタビューやアンケート、PRENGOの紹介MOVIEの放映を行いました。
参加者の数は想定よりすくなかったのですが、カレーの評判もよく、MOVIEも真剣に見ていただきました。会場はラフな雰囲気で、インタビューもその中で行えのが良かったと思います。ただ運営の上で反省点も多々みられたので、次回はよりよくなるよう考えて作りたいと思います。そして行ったインタビュー、アンケートを各部署、有効活用し今後の活動に生かしていきます。
渡航も折り返しを迎えました、今回は体調を壊しているメンバーもほとんどいない状態で活動ができています。渡航の1日は国内での1ヶ月にも値します!残りの時間気合い入れなおして頑張って行きます!
画像アップできず、楽しみにされている方々すみません。可能となり次第追加でアップします。
投稿者:中筋
国内担当
村山:090-2778-6329
    tomomu10@apu.ac.jp
現地担当
浅野:+66-90-764-5482(現地携帯番号)
    kensas10@apu.ac.jp

渡航6日目~家庭訪問とDay Camp~

皆さん、こんばんは!
今日は里親プロジェクトの里子をとりまく環境や近況を調べる家庭訪問と、Mahad小学校で4,5,6年生を対象としたDay Campプロジェクトを実施しました。
まず里親プロジェクトによる家庭訪問は今日5家庭ほど訪問し、近況などを調べるインタビューを行いました。里親からのプレゼントを渡し、笑顔で雑談することもできました。
里親の方から支援をいただいていることが勉強の励みになるという子、大学受験を控えた子もいるので、彼らには目標、夢に向かって頑張って欲しいです。
また昼前の時間を使って、4,5,6年生を対象に百ます計算と英語教育を行いました。日本の小学生の百ます計算をしている様子のムービーを見せたところ、書いたり解いたりするのが早すぎると児童たちは驚いていました。しかしその後、PRENGOメンバーによるレクチャーを真剣に聞き、百ます計算に励んでいました。英語教育では、PRENGOメンバーがロールプレイを行い、その英単語がどのような場面で使われるのかを実際に見て、聞きとって紙に書いていました。
明日は意見交換会と里子の会が開催されるので、現地住民、里子ともにしっかりと交流していきたいです。
投稿者;武田

渡航5日目~OSOPと夢PJ~

皆さん、こんばんは!
今日はOSOPクラブの子供達による造花作成と夢プロジェクトがありました。
OSOPの造花作成には小学3~5年生の生徒たちが参加し、造花作成技術を持つボランティアの方たちが子供達に教えて下さりました。この造花はお寺へのお供えに使うもので、造花の中に1Bのコインが入っているものです。子供にも作りやすく、国内での需要も高いので、これからのOSOP活動において重要な役割をはたすことができるのではないかと考えています。
次に夢プロジェクトは、Children’s dayを開催しました。これは簡易職業体験のようなもので、将来の夢をより具体的にイメージさせることができるものです。子供達は事前に行ったアンケートに基づいて、スポーツ選手、ネイルアーティスト、ファッションデザイナー、歌手、宇宙飛行士に別れて、それぞれ発表を行いました。歌手を選んだ子供達は歌を披露したり、ファッションデザイナーを選んだ子供達は自分で考えた衣装を紙に書いて説明するなど、どれも子供達の豊かな発想力が活かされている発表でした。
ついに渡航も明日で半分を過ぎようとしています。体調管理をきちんと行い、これからの活動をより良いものにしていきたいと思います。
投稿者:武田

渡航4日目 2月16日 ~Day Camp~

みなさんサワディーカップ~
今日は教育部で行ってきたDay campについて書きたいと思います。
まず始めにDay campとは!
現在支援を行なっているMahad小学校と他のタイの小学校とを比較し、そこで感じたことやデータを今後の活動に繋げようというPJです。
今日はSa-Mak-Ki小学校に行って来ました。100マス計算や英語学習、そして子供達と先生に対するアンケートなどを行いました。データがまだ出てないので確かではありませんが、自分の印象として、Sa-Mak-Kiの生徒はあまり極端に勉強のできない子が少ないように感じました。手を使っている子も少なかったです。
写真2,3枚
Sa-Mak-Kiの先生方や子供達はとても歓迎してくれました
今回の経験、データを生かし、Mahad小学校での活動をより良いものにしていけるよう頑張って行きます!

投稿者:中筋
国内担当
村山:090-2778-6329
    tomomu10@apu.ac.jp
現地担当
浅野:+66-90-764-5482(現地携帯番号)
    kensas10@apu.ac.jp

バンコクでの爆発事件について

おはようございます。
今回はバンコクで発生した爆発事件について、ご報告したいと思います。
現在、日本でも各新聞などで報道されているとおり、バンコクでイラン人の男が所持していた爆弾が爆発し、男を含む少なくとも5人が怪我を負うという事件が発生いたしました。
事件詳細は、記事下方部にニュースを転載していますので、ご確認ください。
私たちはバンコクから2時間ほど離れたラヨーン県で活動していますので、この事件による影響は今のところ一切無く、全員無事です。
記事最下部に、連絡先を記載いたしますので、何かあれば国内での連絡先である村山にご連絡ください。
関係者の方にはご心配をおかけしています。
今後も安全面には細心の注意を払い活動に臨んでいきますので、よろしくお願いします。
インターネットニュースより:
 「タイの首都バンコクの日本人が多く住む地域から数キロ離れた住宅街で14日午後(日本時間同)、相次いで爆発があり、爆弾を所持していたイラン人とみられる男が重傷、タクシー運転手ら数人が軽傷を負った。日本人にけが人はいないもよう。米国大使館がバンコクで爆弾テロの危険があると警告を出していたが、今回の事件との関連は不明。警察や目撃証言によると、民家で爆発があり、この家から出てきたイラン人とみられる男の所持していた爆弾がタクシーの近くで爆発。男はさらに、駆け付けた警察官にもう1発を投げつけようとして自分の足元で爆発したという。ほかに2人の男が現場から逃走したとの情報もある。【情報源:バンコク時事】
国内担当
村山:090-2778-6329
    tomomu10@apu.ac.jp
現地担当
浅野:+66-90-764-5482(現地携帯番号)
    kensas10@apu.ac.jp

渡航3日目~村廻りとピライ校長とのMTG~

皆さん、こんばんは。
午前中は村廻りをし、午後はOSOP、教育部、里親部がピライ校長先生とミーティングを行いました。
村廻りでは、現地の住民達にPRENGOが来てから変わったことはあるかなど、私達の活動がどのような影響を及ぼしているかの調査を行いました。現地の住民達が積極的にアンケートに答えてくださり、村の集会所に招き入れてくださるなど温かく迎えいれてくださったので、楽しい会話をすることが出来ました。
午後からのピライ校長先生とのミーティングでは、まずOSOPが現状と今後どうするかの確認をし、次に教育部が百ます計算の制度化についての確認などを行いました。その後、里親部が新規里子についての話し合いを行いました。また、教育部が放課後の空いた時間を使い、百ます計算の指導を行いました。
暑い中(33℃前後)、日本との寒暖の差に戸惑っていますが、これからも頑張って活動していきます!
投稿者:武田
※写真は後日アップします

渡航2日目 2月13日

みなさんサワディーカップ
今日はMahad地域での活動初日!
さっそく教育部、里親部、調査部がBKW中高一貫校へ訪問しました!
BKWとはPRENGOが支援しているMahad小学校の生徒が進学する学校で、卒業生が多数在籍しています。
今回のBKW訪問では卒業生に対するアンケート、BKW教諭へのインタビューを行いました。

IMG_0828
Mahad小学校の卒業生に対してアンケートをしている様子
IMG_0815
渡航の際に必ず情報提供をしてくださる
BKWのダルーン教諭へのインタビュー

卒業生および、教諭の方々はアンケートを快く引き受けてくださり、円滑にBKWでの活動を終えることが出来ました。
今回のBKW訪問は卒業生達の現状を調査することにより、PRENGOのこれまでの活動の成果の確認や、今後のMahad小学校での活動に繋げたいと考え実施しました。
この情報を無駄にしないようホテルでしっかりミーティングを行い、明日からの活動に活かしていきたいと思います!!

投稿:中筋
緊急連絡先
代表:浅野拳史 090-764-5482(現地携帯番号)