広報部メンバー紹介

IMG_0409

皆さん、こんばんは!
今回の記事はブログを更新している広報部メンバーの紹介です。
広報部はブログの他に、高校生などを対象としたプレゼンテーションや写真展の開催などの広報活動を行なっています。
メンバーは左から
村山・・・2回生。Thap地域担当。  あだ名は銀メガネ。広報部部長。
鶴岡・・・1回生。Mahad地域担当。広報部のニューホープ。
武田・・・1回生。Mahad地域担当。ブログ責任者。
浅野・・・2回生。Mahad地域担当。PRENGO代表。
中筋・・・1回生。Thap地域担当。 あだ名スージー。 内部広報誌編集担当。
江崎・・・2回生。Mahad地域担当。独特の雰囲気を醸し出す。
となっています。
これからもこのブログにて様々な活動を報告、紹介していくので、よろしくお願いします。
投稿者:武田

メンバー紹介-なみほ

新入生歓迎企画
先輩メンバーの紹介です
名前:なみほ
学年:3年
部署:地域開発部農業プロジェクト (Thap地域)
namiho
■PRENGOに入った理由
海外でのボランティア活動に参加したかったから。
■PRENGOで成し遂げたいこと
タイ人メンバーと日本人メンバーの橋渡しとなること。タイ人メンバーと日本人メンバーの交流を促進したり、少しでも1人1人がタイ語を使って現地の人と交流できるようになること。
■PRENGOで活動してきて一番嬉しかったこと
現地で自分が準備してきたプロジェクトが成功して、現地の住民の方や子供たちが喜んでく
れた時。現地の子供とタイ語で話せた時。
■逆に辛かったこと
大学内の他の活動とかぶり、準備を進めていたにも関わらず渡航に参加できなかったこと。
■将来の夢は?
国際的な環境で人と人をつなぐ仕事に就きたいです。
■新入生へ一言
PRENGOの本当の楽しさや達成感が味わえるのは、渡航の時です!!
タイに興味がある人、タイ人の友達が欲しい人、ボランティアに参加したい人、将来、国際協力機関で働きたい人、それぞれPRENGOに入る目的は違うと思います。
APU入った今、自分がこれからやりたいと思っていることをぜひやり抜いて下さい。
無理だと思っても、やってみたら意外とできるかも知れません。この恵まれた国際環境で色んなことにチャレンジしていって下さい。

メンバー紹介-和徳

新入生歓迎企画
先輩メンバーの紹介です
名前:和徳
学年:OB(5期メンバー)
部署:地域開発部長
kazutoku
■PRENGOに入った理由
大学の中で一番意識の高い組織に属したかった
■後輩への言葉
社会に出る前にたくさん失敗することをおすすめします。
その失敗がここぞという時に役立ちます。
■PRENGOで活動してきて一番嬉しかったこと
活動を通して、子供たち・住民が喜んでくれた瞬間
強い絆で結ばれた仲間が得られたこと
■逆に辛かったこと
理想と現実のギャップに直面した時
■将来の夢は?
自分が誇れる仕事をすること
■新入生へ一言
みなさんは本当に恵まれた環境にいます。有り余る時間。国際学生。PRENGO。それに気づくことで、次の行動は変わってくると思います。

メンバー紹介-裕太郎

新入生歓迎企画
先輩メンバーの紹介です
名前:ゆうたろう
学年:4年
部署:広報部
yutaro
■PRENGOに入った理由
高校生の時にPRENGOの方が講演に来て頂き、そのかっこ良さに「僕もあんな大学生になりたい!」と純粋に感じたから。
■PRENGOで成し遂げたいこと
日本人とタイ人の絆はもちろん、様々なバックグラウンドを持った世界中の学生が熱い討論を行える環境になれば良いっすね。
■PRENGOで活動してきて一番嬉しかったこと
多くの人と関われたこと。やり甲斐を感じれたこと。
■逆に辛かったこと
あんまり記憶に無いっす。
■将来の夢は?
究極的には自分なりの悟りを開くこと。
■新入生へ一言
入学おめでとうございます。やりたいこと全てを躊躇せず真剣にやれば、楽しい大学生になるんじゃないですか? Let’s find it out together!

メンバー紹介-的馬

新入生歓迎企画
先輩メンバーの紹介です
名前:まとば
学年:3年
部署:広報部長
199565_197575010262555_100000301714059_600191_4561810_n
■PRENGOに入った理由
何もすること無く無駄にした高校の3年間を取り戻すため、一番厳しく、一番自分を高みへ持って行ける環境だと思ったのがPRENGOだったから。
■PRENGOで成し遂げたいこと
上記の通り。
■PRENGOで活動してきて一番嬉しかったこと
今まで見たことの無い新しい世界が見られたこと
■逆に辛かったこと
タイの暑さとご飯の辛さ
■将来の夢は?
1~2年休学して探してきます
■新入生へ一言
明確な目標があり、自分の力を試したい人は是非来て下さい。そして4年間しかない大学生活を大切にして下さい。

メンバー紹介-さやか

新入生歓迎企画
先輩メンバーの紹介です
名前:さやか
学年:3年
部署:OTOP
198581_190550697653437_100000955239306_442538_4600338_n
■PRENGOに入った理由
普通にボランティアにあこがれて入った!しかも実際に現地に行くなんてすごいなって単純に思ったから。
他の団体には全く興味なかった。
APUのパンフレットのPRENGOページに完全にヤラレた!!
■PRENGOで成し遂げたいこと
もう3年だからあれだけど…
タイパンツの市場を安定させること!
そして、タイパンツメンバーにこの仕事をやってよかったなって思ってもらうことかな~!
■PRENGOで活動してきて一番嬉しかったこと
子どもたちが私のことを覚えてくれていたこと!
まじで嬉しかった!
タイパンツメンバーと仲良くなれた事!
■逆に辛かったこと
思ったことを伝えられなかったこと。
自分がもっとタイ語を喋ることが出来れば…って何度も思った。
実際今タイ語を勉強しているけど、伝えるってやっぱり難しい。
■将来の夢は?
自分の夢:
範囲広いけど、人の役に立つ仕事。
人と接することが出来る仕事をしたい。
今は自衛隊にはいって超出世してPKO活動とかに参加したい。
でもこれからのいろいろな経験でまだ変わって行くかも。
Mahadの夢:
やっぱり子どもたちが健康で毎日満足にご飯が食べれるようになることかな。
そしていっぱい勉強してもらって、自分の家族、両親を養えるくらいの仕事についてもらいたいな。
地域貢献!
■新入生へ一言
入学おめでとうございます。
PRENGOは様々な学びがある場です。自分自身の成長の場です。
でも、やっぱりPRENGOに入るからには
現地のことを一番に考えて欲しい。
現地が良くなるためにはどうしたらいいかっていうのを遠慮なしにどんどん考えていってほしい。
子どもたちの笑顔見ると、まじでやる気出ますよ~^^
がんばっていきましょう!!!

メンバー紹介-洋

新入生歓迎企画
先輩メンバーの紹介です
名前:洋
学年:3年
部署:副代表
24261_338722092688_595407688_3693688_3410939_n
■PRENGOに入った理由
 僕は高校の時にアフリカのアンゴラ共和国の貧困問題を研究していました。その際に「どんなに支援をしたい気持ちがあっても専門的な知識や経験が無ければ、ただの空回りに終わる」という事に気がつきました。そのため、言語や開発学をAPUで学ぶと共にAPUの中で一番しっかりとした組織であるPRENGOというフィールドで経験を積みたいと思ったからです。
■PRENGOで成し遂げたいこと
 渡航隊長や副代表の経験を通して感じたのは「当たり前の事、今まで通りの事をやり遂げる」事の難しさです。私自身、先輩たちが行ってきた組織運営などを今まで通りにこなせていません。ですので、まずは今まで通りの事をしっかりこなしたいです。その上に後輩の育成や活動をもっと充実した物にして行きたいと思っています。
■PRENGOで活動してきて一番嬉しかったこと
 まだ無いですね。卒業するときに分かると思います。
■逆に辛かったこと
 やはり自分がまだまだ無力だということですかね。組織運営はもちろん、開発としての結果や達成感を味わった事はまだないです。常に「不完全燃焼」という感じです。課題や自分の欠点が嫌というほど見えてきます。でもそういった壁や課題がある事が逆にモチベーションの維持に繋がりますね。
■将来の夢は?
NGOか企業かJICAか、どのような形で携わって行くかは分かりませんが、開発に携わって行きたいと考えています。その一歩として、今年の9月から2年間休学をしてアフリカのNGOにインターンシップをする予定です。
 あと、親孝行したいです。母親には感謝しても仕切れないので。笑
■新入生へ一言
 PRENGOという環境を利用してください。あなたの意識次第でどこまでも成長する事や結果を残すことができます。しかし、ただいるだけでは何も変わりません。辞めて、バイトして酒飲んだ方が100倍は有意義です。環境に依存しないで下さい。
 あ、あと別府の美味しいお店を紹介するので今度一緒に行きましょう。笑

メンバー紹介-キム兄

新入生歓迎企画
先輩メンバーの紹介です
名前:キム兄
学年:OB-社会人1年目 4期生
部署:元代表
206944_194370340600510_100000826370505_563190_5353868_n
■PRENGOに入った理由
全てにおいて、楽しそうだったから。支援を考えるのも、現地で活動するのも、簡単にやめれない「責任」がある活動をしていることも。あとは、周りの先輩や同期たち。全てが魅力的でした。
素晴らしい部分があり過ぎて一言では語れません!
■PRENGOで成し遂げたいこと(OBの方々は今後どうなってほしいか、どうあるべきか)
笑顔、ワクワク感を忘れない。自分たちが楽しいと思う活動をして下さい。自分たちが楽しこれば絶対現地の人たちも楽しい。
小さなことから世界を変えようたとか考えてつまらないイベント団体にならないで!支援地域を直接解決できる活動を大切にして下さい。
■PRENGOで活動してきて一番嬉しかったこと
勉強できなかった子につきっきりで教えてあげたら、少しできるようになり、渡航最終日に感謝の手紙をもらった!
■逆に辛かったこと
自分がエイズや性について啓発教育をしてあげた子供たちが妊娠して退学し、現在無職なこと。
■将来の夢は?
タイ、アジアの国々で学校を運営する。子供たちに未来を与える。
■新入生へ一言
5月に行きます!タイのこと、PRENGOのこと、色々と話しましょう!

メンバー紹介-Gam

新入生歓迎企画
先輩メンバーの紹介です
名前:Gam(ギャム)
学年:2年
部署:里親、広報
180581_10150143036123783_594303782_8090091_6973404_n
■PRENGOに入った理由
PRENGOの活動と日本人の働くsystem興味がありました。あと日本人の友達も欲しかったし、日本語も練習したかったから、このサークルに入りました。
2.毎年のtripで場所とか学校を変えてみたい。それなら色々な貧しい学校でサッポートができます。
3.里親部の活動は1番うれしかった活動です。家庭訪問に行った時里親からのおみやげと手紙を里子にわたして里子が笑顔を見せました。その笑顔が最高でした。
■PRENGOで成し遂げたいこと
毎年のtripで場所とか学校を変えてみたい。それなら色々な貧しい学校でサッポートができます。
■PRENGOで活動してきて一番嬉しかったこと
毎年のtripで場所とか学校を変えてみたい。それなら色々な貧しい学校でサッポートができます。
■逆に辛かったこと
日本人とcommunicationしたときの誤解です。
■将来の夢は?
タイで日タイの会社で働きたいです。あと世界中を旅行したい。
■新入生へ一言
if you love to be volunteer and love the kid then Prengo is the best choice for you. !!! :-)

メンバー紹介-若さん

新入生歓迎企画
先輩メンバーの紹介です
名前:若林さん
学年:OB-社会人5年目 1期生
部署:PRENGO創始者
27089_109188265779112_100000638168513_124873_5698527_n
■PRENGOの創設理由
2003年に入学した当時、心に決めていたことがありました。
・この大学の環境を生かしたい
・アジアの発展に貢献したい(それは日本の発展でもあるから)
・貧困をなくしたい
この3点でした。高校時代に修学旅行でタイに行って以来、タイには特別な思いがありました。
97年のアジアの通貨危機直後、経済の混乱したタイの街並みは、非常に貧しかった。
人々は途方に暮れ、子どもは街角で体を売って商売をしていました。
このタイを何とかしたい、と思い、麻薬中毒者の子どもや虐待を受けた子供が暮らす「生きなおしの学校」に発電施設を作りました。
これは、山奥で停電が頻繁に起きることから、夜でも安心して生活・勉強ができるようにと、仲間10人で活動しました。
古新聞・古紙・牛乳パックを全校から集め、換金し、数十万を1年間で集めました。
そういう時って、どこからこのやる気と時間が生まれてくるんだろう、と思えるほど情熱を注げるものなんです。
そういうことって後から気付くものですが。馬鹿な恋愛と一緒ですね。
そして、大学に入学したとき、上記3つの心に決めていたことを実行しようと思って入学式に臨みました。
しかしどこを探しても自分の考えに合うサークルが見つかりません。
環境問題の解決を叫びながらビラを配る団体、APU特有の打ち上げ花火のようなイベント団体、ディベートだけして何の役にも立たない団体。
性格のせいなのでしょうか。
どうも生産性とか、効率とか、効果とかインパクトを考えてしまう。
そんな中で生まれる情とか人間の本来持つ美しい心に触れたときの感動は言葉にできないものがあります。
そして入学式1週間もしないうちに、PRENGOの構想を練り上げ、優秀なメンバーを集め、創部にこぎつけました。
一瞬でもPRENGOに属した人を含めると、400人くらいはこれまでにいるんじゃないかな。
勝手にタイプ分けしたんだけれども、半年以内で辞めた人は、ほとんどがまともな大学生活をその後も送れなかった人だね。
そして1年~1年半で辞めた人は、自分の進路に迷いすぎて、結局何も残らない4年間を過ごした人が多いね。
やはり、やると決めたことは区切りまで続けないとね。
ゴールまでのペース配分を考えながら、一歩一歩を踏みしめなきゃいけないんだからいい走りをしたいよね。
そう言って前職は4年で退社したよ。
■今後
僕は一線を退いた人間だから、皆さんの動きに口を出したくないんです。時代時代に合わせてその時代に一番合った方法で効率よくやればいい。
でも、真理みたいな本質的なことって時代が変わっても変わらないものだから、それは引き継いでもらいたいし、守ってもらいたい。
反対に、いや、そんな先輩の言うことなんて古いよ、とかそうは思わない、っていうのであれば、別の団体で頑張ってもらって結構だね。
■PRENGOで活動してきて一番嬉しかったこと
それは住民の方々や子供たちが喜んで下さったことに尽きます。
訪問する度に進歩していること、目に見えて貧困状態が改善していることは、やはりうれしいね。
■逆に辛かったこと
いい人だと思われることかな。どうしてもこういう活動は、いい人がやる、立派な行いだ、偉い、真似できない、という表現を使われることが多い。
でも僕の考える「いい人」っていうのは、波風を立てないように過ごしている人に対して使う表現で、自らあおって激しく揺らすような僕らにはその表現は似合わない。
別に活動を通じて苦労しているわけじゃないし、困るわけでもないから、「普通の人」なんだよね。結局は。
■将来の夢は?
上記3点です。そして活動に関わった人全ての家族を含めた幸せです。幸せな生活って一番でしょ。
■新入生へ一言
夢をもって、現実を見据えて下さい。新しいものより古いもの。難しいものより簡単なもの。複雑なことより単純なこと。